自分の好きなようにカスタマイズ

自分の好きなようにカスタマイズ

バイクの趣味を持つ人、そしてバイクをメンテナンスをするのが楽しみなひとは、どんどん自分なりにバイクをカスタマイズしてしまいます。

 

でも買取査定市場では、こうしたカスタマイズバイクは、なかなか査定されづらい傾向があります。なにかをオプションでつけて、それが装着したり外したりができるものならいいのですが、自己流にアレンジしたものは、もはやもともとの価値をうまなくなっている可能性があります。そのカスタマイズを元の状態に戻すのにお金がかかる場合は、その分、人気モデルのZRX1100でさえ、査定が下がってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

カスタマイズするなら、元の状態にすぐに戻せるような外付けのものにするといいでしょう。本格的にバイクに嵌ってる人なら、色々手を入れたくなるのは当然ですが、あとで買取査定をするという予定があるのなら、あまり手を入れすぎないのが良いでしょう。一生そのバイクのオーナーでいるというのであれば全く問題はありません。

 

ただ、カスタマイズしてしまったからまったく買取査定に出せないというのも思い込みで、価格は下がっても値段がつくバイクがほとんどです。まずは無料査定をしてみましょう。それによっていまの価値がわかります。